かなしきおもい

アルムレディンは戸惑っていた。

愛妻であるディアーナが泣いているのを止められなかったから。

ディアーナはかなしかった。

幼い頃からの『おもい』を互いに成就させたアルムレディンに伝わらなかったから。

お互いにすれ違う思いを抱いたきっかけは、些細なコトからはじまった。

そう。それは数日前の夜から始まった。

 

ディアーナと初夜から、アルムレディンは朝方まで抱き、睡眠不足を訴えられていた。

しかし、数日前の夜から、アルムレディンはディアーナを抱かなかった。

それは喧嘩をしたわけではなく、原因らしい理由もなく、ただ、突然だった。

それ故に、ディアーナは不審に思いつつも、久方ぶりの睡眠を満喫した。

しかし、それが数日も続くとディアーナはあからさまに不安に陥っていた。

それを察したアルムレディンは、二人っきりとなった寝室でディアーナに尋ねた。

「……何か悩み事ですか?」

「それはアルムの方だと思いますわ?」

「……貴女を相手に、腹の探り合いはしたくないのですが」

そうアルムが素直な思いを告げた為、ディアーナも正面から応えた。

「私もですわ。だから、数日前からアルムが先に眠る理由を白状してくださいまし!」

という、ディアーナの強気さに対し、アルムレディンはすぐに降参したかの様に応えた。

「……貴女からの言葉が欲しかっただけです」

というアルムの答えはディアーナには衝撃だった。

それ故に、アルムは苦笑い、ディアーナはただ驚く事しか出来なかった。

「夜の貴女はいつも大人しくて、僕が想いを告げても戸惑うだけだから……貴女から求められたかったのです」

そうアルムに告げられたディアーナは静かに泣きだした。

そして、泣かれる事が想定外だったアルムはただ戸惑った。

それ故に、ディアーナは泣きながらも自分の想いを言葉でも伝えようとした。

「……ごめんなさい、アルム。私、共に夜を過ごす時はまだ恥ずかしくて、ただアルムを受け入れるだけで精一杯だったんですの」

「……それはそれで嬉しいのですが」

という、アルムの呟きを聞いたディアーナは首を傾げた。

その仕草の愛らしさ故に、アルムは再び苦笑いながら答えた。

「いえ、僕の愛情を一身に受け入れてくれる貴女の姿こそ、雄弁な答えなのに、それを疑う様な事を……」

そうアルムが泣いているディアーナに謝罪を言葉にしようとした。

しかし、泣いていたディアーナはすぐに泣き泣き止み、アルムレディンの言葉を遮った。

「そんな事は無いですわ!」

「……やっと泣き止んでくださいましたね」

とアルムに言われたディアーナは、涙が止まった事に気付いた。

それ故に、アルムは強引にディアーナを抱き寄せると耳元で囁いた。

「今夜からも睡眠不足となりますが、覚悟は良いですか?」

「望むところですわ!」

そう応えたディアーナは、譲れない想いも込めて強く抱き返した。

 

 

 

 

 

直参したラブコレのペーパーに載せたSSをUPしました。

タイトルの「かなしき」は「哀し」と「愛し」(愛しいの古語)という両方の漢字で脳内変換をして頂ければ、と。

また、このSSはペーパーよりも長めとなっています。

ですが、加筆というよりは、ペーパーの方がスペースに合わせた、短縮バージョンといえるかと。

なので、サイトではあえて短縮していないSSをUPしました。

アルムディアの更新予定は……当分ないのですが、SSはネタが浮かんだ時にUPしたいと思っています。