くちづけ~早花~

早安と花が夫婦となってから1年くらいになった頃、不意に花が早安に問い掛けた。

「早安ってくちづけが好きなの?」

「……俺が好きなのはおまえだ。でも、俺の想いが伝わっていないなら……」

そう応えた早安が真面目な表情で花を抱き寄せようとした。

その後を安易に想像が出来た花は、恥じらいから早安に意図を正しく伝えようとした。

「わ、わかってる、それはわかっているよ、早安!」

「じゃあ、質問の意図は?」

という早安の冷静な問い返しに対し、花は恥じらいながらもただ想いを伝えた。

「……あのね、私の国では唇にくちづけるのは愛情だっていうの。だから、私も早安にくちづけたいと思うんだけど、恥ずかしくって」

「で?」

「で、でも、早安は違うのかな、って」

そう花の告げた想いと意図を理解した早安は柔らかな笑みを浮かべながら応えた。

「……おまえがこういう事に躊躇いがある事はわかっているし、俺はおまえが好きで、おまえは俺が好き。それだけで俺は充分だから」

「うん、私も早安が好き!」

と応えた花は無邪気に早安を抱きしめ、早安も応える様に花を強く抱きしめ返した。

 

 

 

 

 

早安のSSは安定していると思うキャラのイメージで書き上げる事が出来たかと。

というか、本当に早安は『大人』だと思うし、可愛いお話が書きやすい方ですね!

ただ、可愛いネタのストックが少ないので、ネタを作る時は四苦八苦しましたが。

また、今日で三国恋戦記は終了し、明日からは薄桜鬼(PS2版)の連続更新となります。