キス~ブルマリ~

「マリン!」

そうマリンに声をかけたブルーは、互いの距離を無くしてからキスをした。

その様な恋人に対し、マリンは驚くどころか不審げな問い返しをブルーに向けた。

「……ブルーさんってキス魔なんですか?」

「キス、魔?」

という問い返しはブルーらしいと思ったが、あえてマリンは無言で答えだけを要求した。

そして、その様なマリンの態度に対し、ブルーは素直で直球な確認で問い返した。

「マリンは僕とのキスは嫌い?」

「……私だけ、ですか?」

「え?」

「ブルーさんがキスしたいのは私だけですか?」

そうマリンに問い続けられたブルーは意図には気づけず、ただ素直な想いを言葉にした。

「僕はマリン以外にキスはしないよ」

「え?」

「だって、キスは愛情表現だってアクアが言っていたから、マリン以外にしたいと思わない」

というブルーの真っ直ぐな愛情の告白に対し、マリンは嬉しさからすぐに応えた。

「わ、私も……」

「?」

「私もブルーさんとキスしたいです!」

そうマリンから率直な想いを告白されたブルーは満面の笑みで再びキスをした。

「ありがとう、マリン」

 

 

 

 

 

……少々、いえ、かなり限界な甘さと可愛さに挑戦してみました。

……甘く可愛いお話は苦手ではありませんが、良薬を飲んでいる気分になります(マテ!)

ですが、少しでもブルマリ萌えや充足になれば幸いです。

 

また、昨日の無糖宣言通り、明日に更新する鋼の錬金術師のオリキャラメインは……

無糖以上の苦さになると思われます。すみません。