RELENA

いつかからだろう守りたいと思ったのは。

いつからだろう愛しいと思ったのは。

理由はいくらでもつけられるだろう。

だが、誰にもわかるわけがない。

それこそが人にとっての喜びであり、悲しみ。

そして、その矛盾が、迷いが、有益なもの。

そう思わせたのは、あいつだけだった。

リリーナ・ピースクラフト……リリーナ・ドーリアンか。

リリ-ナはいつでも俺の中にいる。

いつからいたのか、など俺は知らない。

ただ、リリ-ナに出逢うまで俺は空だった。

リリ-ナこそオレを人として生かす、ただ一つの夢。

守りたいと思う美しき夢……

 

 

 

リリ-ナと出逢ったのは砂浜だった。

ゼクスに落とされた俺は、自分のガンダムと離れていた。

そして、防護服を着たまま気を失って倒れていた。

そこへリリ-ナが現れ、俺を助けようとした時に素顔を見られた。

俺は地球に報復するためのきかい。

『失敗の続く日はどこまでも失敗する』などと言っていられない。

すぐに自爆を決意した。

小さなヒビを作ってしまったから…

だが、不幸か、幸か、不発に終わった。

だから、俺はその場から逃れ、『おまえを、殺す』と、言って遠ざけようとした。

 

なのに、リリ-ナは俺に近付いてくる。

そして、リリ-ナが俺にとって、決して小さくはない存在になる。

俺の気付かないところで……

 

故郷に裏切られ、未来も、希望もなく、悪足掻きである事を認めながらも、ただ、戦場に向かう俺の中で。

リリ-ナは俺に矛盾を与える。

『理想に溺れている』と思いつつも、その理想を実現の可能性を少しでも考えてしまう。

 

『そんな事は出来ない』

『いや、リリ-ナなら出来る』

 

『リリ-ナは理想に溺れる弱者だ』

『しかし、人々の希望となる象徴だ』

 

『俺は誰も必要ではない』

『でも、理由を欲している』

 

宇宙が混迷するように、俺もそうだった。

だが、未来へと続くものに気付いたとき、俺はそこから脱した。

リリ-ナとの出会いこそ、未来へと続く運命。

出会うべくして、であったのだという事を。

地球にとっても、宇宙にとっても、俺にとっても…

俺を人として生かす唯一無二の存在。

 

だから、守りたい。

 

だから、愛したい。

 

だから、欲しい。

 

けれども、それを表に出せはしない。

だから心の中で、一人つぶやく。

愛していると……