MIND EDUCATION  ―心の拠り所― 1

リリーナ・ドーリアンを愛している。

それを俺は認められるようになった。

だから、それを告げる必要性はないと思っていた。

『おもい』が一緒だと思っていたから……

 

 

 

MIND EDUCATION  ―心の拠り所― 1

 

 

 

どうして、私は抵抗もせずに手を預けているのだろう。

どうして、共にいるだけで不安な心が満たされるのだろう。

どうして、この人は当たり前のように守ってくれるのだろう。

でも、一番不思議なのはそれを受け入れている私の心……

 

 

 

「リリーナ、なぜ一人でいるんだ」

「え?」

リリーナはふと我に返ってヒイロを見た。

リリーナを見るヒイロの瞳は優しいのに、紡がれた言葉は冷たかった。

なのに、リリーナは自然に微笑みを返す事ができた。

「私の名は『リリーナ』というのかしら?」

「……」

「それに、あなたは私を助けてくださったのかしら?」

「……何の冗談だ、リリーナ」

ヒイロは表情ではなく、瞳に戸惑いを表した。

そんなヒイロのかすかな変化に気付いたリリーナは笑顔で答えた。

「多分、記憶を失っているのだと思うわ。だから教えて欲しいの、私の事を」

と、非常識な事をリリーナは落ち着いて語った。

それに対して、いつも以上に感情を凍らせた無表情でリリーナに返答をした。

「了解した。お前の家に行く。数日後に休暇が終る」

「私は童顔なのね。学校を卒業しているだなんて」

と言った、自称記憶喪失なリリーナは穏やかに笑った。

そんなリリーナとは対照的に、ヒイロは冷たい何かを纏っていた。

 

 

 

ドーリアン邸に着いたヒイロはパーガンと共に厳戒態勢を取った。

この状況に対してパーガンは驚いたが素早く対応する事が出来たから。

だが、混乱するドーリアン夫人は表情を固くし、堪えるのだけで限界のようだった。

なので当分の間、ヒイロはドーリアン邸に居座ることを決め、パーガンに客室の用意を頼んだ。

 

 

 

1人で私室に入ったリリーナも混乱していた。

ヒイロという名の少年に会うまで、リリーナの記憶が定かではなかった。

そして、何かから逃れるように走っていた途中で、リリーナはヒイロと出逢った。

その時、リリーナは負の感情から開放された。

だから、リリーナは紅茶を頼んだ。

すると、事情を知るものが紅茶とお菓子を持ってきた。

そして、そのお菓子がお気に入りだったと教えてくれた。

しかし、リリーナは丁重に退室をさせた。

何故か、一緒にいても一人のような気がしたから。

「少しは進展したか、リリーナ」

と言いながら、ヒイロはリリーナの部屋に入ってきた。

ぶしつけな来訪に対して、リリーナは微笑みを返した。

そして、そんな想い確認するように、リリーナはヒイロへ問い返した。

「いいえ。でも、私は貴方の事が好きだったようね」

「……何の冗談だ、リリーナ」

いきなり告白されたヒイロは嫌悪を顕わにした。

そういう言葉が自分達には必要ないと思っていたから。

それ故に、自分を否定されたような気がしたから。

またそんなヒイロに対して、リリーナは素直に謝罪した。

「ごめんなさい、貴方を困らせるつもりはなかったのですが」

すると、ヒイロはいつもの変わらぬ表情で応えた。

「……俺はお前を守ると約束した。だから、少し待っていろ」

それに対してリリーナは意図を問うような視線を向けた。

なので、ヒイロは微かな笑みを持ってそれに応えた。

「今の俺に出来る事をするだけだ」

ヒイロの笑みを見たリリーナは、嬉しそうに笑った。

だが、ヒイロはその後で自身に言い聞かせるように小さく呟いた。

『リリーナは記憶を失っているのだから……』

と。

 

 

 

「リリーナ(お嬢)さんが記憶喪失?」

と、カトルとデュオが同時に叫んだ。

「声を合わせてまで言う事ではない」

と、冷静に答えるヒイロに対して、トロワは冷静なツッコミを返した。

「確かにそうかもしれないが、2人の驚きも当然だと思うぞ?」

一応、衝撃から復活したデュオが自分の髪を掻き毟りながら、ヒイロに尋ねた。

「どうやってお嬢さんから記憶を取ったんだ?」

「いえ、それよりも、これからの事が重要です。リリーナさんの事が公になったら地球とコロニーの関係が悪化すると思いますから」

カトルが懸念する事に対してヒイロは否定をした。

「今のままなら仕事へは普通に復帰できる。休暇の延長は必要ない」

「でも、記憶を失っているのだろう?」

「検査結果に異常はないし、本人は『今』を受け入れている。仕事の要点も覚えた」

「さっすがはリリーナ様、ってところか。深窓の姫君できなくて残念だな、ヒイロ」

と、ヒイロをからかう様な言葉を、デュオは口にした。

だが、ヒイロはデュオを無視した。

「仕事は明日から始まる。だから……」

話を進めようとするヒイロの言葉を遮る様にカトルが訊ねた。

「自分の事をヒイロはどのように説明したのですか?」

その言葉に秘められたカトルの真剣な思い故に、ヒイロは短く答えた。

「そんな事を聞いてどうする」

「お前の性格を考慮すれば難しいと思うが、事実は伝えるべきだ」

トロワにまでそう言われたヒイロは、表情を険しくさせた。

そんな険悪な雰囲気を壊すようにドアがノックされた。

ヒイロは戸口に近寄ると、そのドアを開けながら尋ねた。

「何があった、リリーナ」

「お話し中にごめんなさい。今、問い合わせがあったのですが、私だけでは対応しきれないのです」

そう言ったリリーナが、差し出した資料に目を通したヒイロはカトルを見た。

その視線の意図に気付いたカトルは微笑んだ。

「後は僕達に任せてください」

それを聞いたヒイロはリリーナと共に部屋から去った。

「リリーナさんは大丈夫のようですね。安心しました」

いつもと変わらないように思えるリリーナの様子に、カトルは安堵の笑みを漏らした。

もちろん、以前のリリーナとは違う雰囲気をカトルは感じた。

だが、それは余程勘の良い者しか気遣いない程度だった。

「……俺達の必要性が無くなる時は遠いようだな」

ポツリとつぶやくトロワの言葉に対してカトルは表情を曇らせた。

「そうですね……」

確かに地球とコロニーは統一された。

そして、多くの人達が平和のうちに過ごしている。

それを喜びと感じている人が多くもなった。

だが、相対者は常に存在している。

「けど、多くの人の笑顔が戻った。それだけでも俺は満足だぜ」

「馬鹿は未だに居る。だが、正義を力以外で示せる世になった。これは歓迎するべきだ」

2人の言葉を聞いたカトルは微笑みを返した。

「そうですね。では、僕が『ドーリアン外務次官』で、デュオと五飛は監視を。直接的な護衛はトロワとヒイロで良いですよね?」

カトルの提案を肯定するように3人は対応するような行動をし始めた。