「裏舞台」

学園の再建をする為に多忙な吉羅が学園の理事長室で金澤と雑談をしていた。

否、吉羅から急に呼び出された金澤が香穂子と柚木に関する話をさせられた。

故に、付き合いの長い金澤は軽い口調でも警戒しながら答えた。

「まあ、何事も経験だが、色恋沙汰もほどほどが良いだろうな」

「そうですね。金澤さんが言うと説得力が違いますね。ただ、柚木君からは計画性も学んで欲しいと思いますよ」

「……また、日野を何かの計画に巻き込む気か?」

そう金澤が香穂子への配慮から指摘すると、吉羅は表情を変える事なく答えた。

「日野君が音楽の道を選ぶならば、必要な事ですよ。それに撤回させた事で生じた事に協力をしてもらうのは、人道にもかなっていると思いますが?」

「そうか……なら、俺は職員会議へ行く前に声を掛けてくるよ」

という金澤は再び騒動に巻き込まれるとも察したが、一教師が理事長に物申す事は出来ないとは理解していた。

そして、それも理解しているが故に、吉羅は生真面目な表情で事務的に答えた。

「ええ。よろしくお願いしますよ、金澤さん」

 

 

 

 

 

柚木先輩と香穂子嬢の出番は名前だけですが、柚香が前提の金澤と吉羅の会話なので。

というか、金澤と吉羅に柚木先輩と香穂子嬢の関係を語らせると……酒が無くても全年齢にならない、と思うのは私だけでしょうか?