年の初めに……

年始を間近に控えた年末、新妻であるリリーナは深く悩んでいた。

否、夫となったヒイロと過ごす年末は忙しくも充実していたが故に、大晦日になった時、リリーナは自身の失態に気付いた。

「……ごめんなさい」

「謝罪に値する理由がない」

「でも、私が間違っていました」

「俺が同意したことも間違いだと?」

そうヒイロが冷静に見える表情だったが、強い憤りを感じさせる険しい瞳だった。

だが、その様なヒイロに対してリリーナは自身の発言を取り消す事なくただ主張した。

「だって……1月1日の年始をヒイロの誕生日にすると断言したのは私だわ!」

「そうだな」

「きっと、ヒイロは自分の誕生日をすぐに忘れるって思ってたから……」

「誕生日は重要な個人情報だ。忘れるわけがない」

「ええ。私も夫の誕生日を忘れるなんて失態はしたくなかったけど……年始を祝うべきか誕生日を祝うべきかを悩む事になるなんて、想定外の失敗だわ!」

というリリーナの発言、否、後悔に対し、ヒイロは否定も肯定もせずにただ淡々とした口調で提案をした。

「一緒に祝えばいいだけだろう」

「え?」

「年始も誕生日も祝う事に変わりはない」

そうヒイロから提案されたリリーナは瞳を大きく見開いてから満面の笑みをみせた。

「……そうですね。では、まずは誕生日ケーキを焼きますわ!」

「なら、俺はメレンゲをつくる」

「はい。一緒に祝えるって素敵ね、ヒイロ」

とリリーナが告げても、ヒイロは手馴れた様子で卵白を泡立てた。

そして、その様なヒイロの隣で、リリーナは楽しげに材料の計量を始めた。

 

 

 

 

 

久方ぶりのヒイリリ新作は「ふろーずん」の後日談という捏造小話となりました。

また、次に更新する新作はTVシリーズ最終回後の捏造小説となります。