大石の幼馴染みと立海で会話小説

幸村「精市!」

静華「静華!」

ひしっと抱き合う幸村と静華。

真田「お待ちしておりました、静華」

静華「……弦一郎、敬語は止めろといっただろう?」

真田「名前を呼び捨てにしろ、としか言われておりません」

静華「じゃあ……」

真田「出来ません」

静華「……」

真田「……」

切原「静華さん!」

静華「おや、赤也。元気にしていたかい?」

切原「またテニスの試合をしてくださいよ!」

静華「ははは、それは精市の許可を取れたらな」

切原「それじゃあ、いつまで経っても出来ませんよ~」

幸村「駄目だよ、赤也。静華と試合をするのは青学に勝ってからだ。それで構わないかい、手塚?」

手塚「俺は構わないが……迷惑を掛けて、すまない」

幸村「ふふ、静華に逢えるならどんな苦労も厭わないよ」

静華「嬉しいな、精市」

幸村「本当の事を言っているだけだよ」

静華と幸村が煽った周囲の嫉妬感情が昂る。

大石「いい加減にしないか、静華!」

静華「……秀一郎……」

大石「すみません。こちらの監督不行き届きです」

静華「……」

大石「……静華?」

そう言われた静華は幸村から離れ、青学メンバーのもとへ帰る。

幸村「俺達はいつでも静華を歓迎するよ。だから気にしないでくれ、大石君」

大石「……そう言って頂けると助かります」

 

 

 

 

 

大石の幼馴染みでオリキャラと青学キャラとの会話小説の続き?ともいえる立海レギュラーとの会話小説です。