MY HOME

元の世界に戻らず、ユリウスを家族として選んだアリスは、この世界で生きる事を決めた。

その様なアリスの決断と時計塔に住む事をユリウスは黙認し、エースは密かに喜んだ。

しかし、エースはユリウスとアリスの関係が『家族』である事が不満だった。

「なんで二人は結婚しないの?」

「……何度も言ってるけど、私にとってユリウスは大切な存在だけど、あくまでも『家族』のように思っているだけよ」

「そうアリスは言ってるけど、ユリウスはどうなの?」

そうエースに問われても、ユリウスは時計を直す手も止めずに黙々と作業をしていた。

その様な二人の普遍さに少しだけ苛立ったエースは少しだけ目を細めた。

「……ふーん、ユリウスは否定も肯定もしない、か。じゃあ、俺がアリスの恋人に立候補しようかな?」

「エース、冗談はやめて」

「冗談だと思う?」

と問い返したエースはアリスを無理やり抱き寄せてからキスをしようとした。

だが、すぐに沈黙していたユリウスがエースを咎める様に名を叫んだ。

「エース!」

「あ、やっぱり止めるんだ?」

そうユリウスに問い返したエースは、微笑みながら抱き寄せたアリスの身体を解放した。

そして、あからさまに動揺した事を隠す様に、ユリウスは不機嫌な様子で言葉を口にした。

「……『家族』が玩ばれるのを黙って見過ごすほどに薄情ではない。アリス、コーヒーを淹れてくれるか?」

「ええ……ありがとう、ユリウス」

とユリウスに感謝したアリスはエースへの鉄拳制裁をしてから部屋を出た。

そして、アリスが退室してからユリウスはエースを強く牽制する様に強い視線を向けた。

しかし、エースは自身の行動を省みず、ただユリウスの意志を問い続けた。

「ユリウスはアリスを『家族』なんて思ってないだろ?」

「……アリスはそう思っている」

「……そんな態度だと、すぐに盗られちゃうと思うけど?」

「……その方が幸せになれる」

そう短くも答えている言葉が、ユリウスの本音だと理解するエースはあえて問い続けた。

「本当にユリウスってネガティブだなぁ。でも、だからアリスに選ばれたんだよね?」

「……お前がそう思うならそうなんだろう」

「でも、俺もそんなユリウスが大好きだぜ?」

とエースが本音とからかいを込めて問うとユリウスはすぐに拒絶をした。

「私にその気は全くない」

「あはははは。相変わらず容赦もない、酷い断り方だね、ユリウスは」

そうユリウスに答えるエースは、言葉とは裏腹な笑みで一方的に問い続けた。

否、それがユリウスとエースのコミュニケーションである事を三人は認識していた。

そして、それが三人にとっての時計塔での日常で、幸せな時間でもあった。

しかし、それが束の間の幸せである可能性をユリウスとエースは知っていたが、あえてアリスには告げなかった……

 

 

 

 

 

ハトアリのユリウス&アリス+エースな家族愛?小説でしょうか、たぶん。

いえ、アリス的には家族愛でも、ユリウスとエースは違う愛情を隠していそうです。

ただ、『ハートの国』では、いえ、『ハトアリ』では家族愛だと思って書きました。

そして、こういう友情以上恋愛未満が好きなのだと再確認しました!

なので、同好の方からの反応と挙手をお待ちしています!!