プロポーズ

王との取引に成功したアイリーンにカーティスは愛人宣言をしてから暗殺業を辞めた。

そして、名実ともにアイリーンを独占したカーティスの言動はあからさまだった。

また、アイリーンもそれを許容し、愛人宣言から数年でカーティスの子を妊娠した。

それ故にアイリーンは逆プロポーズをしたが、カーティスは答えずにただ問いを返した。

「貴女の夫となれるのは僕だけの特権ですよね?」

「……」

「だって、僕は貴女の愛人で貴女の身に宿った子の父親ですから」

そう語るカーティスはアイリーンが妊娠した事実を喜んでいるように思えた。

だが、アイリーンの逆プロポーズをカーティスは聞き流していた。

それ故に、アイリーンは単刀直入に意図と想いを確かめた。

「……私は返事を聞きたいんだけど?」

「では、僕にプロポーズをされたくない、と?」

というカーティスの言動でアイリーンはただ怒りを爆発させた。

「だから、私はあんたに逆プロポーズをしたでしょう!」

「ええ。確かに僕と結婚したいと言いましたね?」

「だから、普通はイエスかノーだと答えるでしょう!」

「そんなに『普通』が好きなんですか?」

そうカーティスに問い返されたアイリーンは大袈裟に肩を落としてから溜め息を吐いた。

「……あんた相手に聞く方が間違っていたようね」

「では、僕を選んだ事を後悔しているとでも?」

と問われたアイリーンはただ驚きと喜びから目を見開いた。

そして、その言動を勘違いしたカーティスは物騒な色を宿した瞳のまま頬を紅く染めた。

「いくら貴女でも後悔していると言われたら、殺したくなりますが……ただ、貴女の場合はただ殺すのではなく、僕以外がどうでもよくなるくらいの虜にするのも良いですね」

「……カーティス、私と結婚する意志があると思って良いの?」

「……確かに僕からプロポーズをしたのは今日が初めてですね。僕は結婚に興味が無かったので。でも、子供が出来るなら父親を名乗るのは当たり前だと思いますから」

そうカーティスから望む答え得られたアイリーンはただ感謝する様に抱きしめた。

しかし、カーティスは否定ではないと思わせる優しい仕草でアイリーンから離れた。

「ダメですよ、誘惑しないでください。僕も貴女を抱くのは好きですけど、今はダメなんですから。ですから、今は僕も我慢します……ええ、我慢なんてイヤですけど、貴女と僕の子の為ですから、出来るだけ我慢します」

「カーティス……」

「あ、でも、抱く以外でも互いの欲求は解消できますよね……今から試してみませんか?」

というカーティスの無神経な問いで再びキレたアイリーンは室内に有る物を投げつけた。

しかし、カーティスは器用に避けながら『これが初の夫婦喧嘩ですね』と言った。

それ故に、アイリーンの怒りは止まらなかったが、カーティスにキスされると止まった。

否、カーティスを愛して理解しているが故に、アイリーンは許容を示す様に受け入れた。

このプロポーズの騒動後、カーティスは愛人宣言をやめて父親宣言をする事となった。

 

 

 

 

 

初のアラロスはカーティス×アイリーンでした。

このCPは書きやすいのですが……CPの略称がわからずに困りました。

いえ、ゲームのコンプが出来て、いざ二次を書こう!と思ったら……ブームも過ぎていた状況だったので(遠い目)