PS2版「薄桜鬼」シリーズの感想

先日、『薄桜鬼』のPS2シリーズをフルコンプしました!

ただ、色々な思いを吐き出す為のSSを描く余裕もないので……感想で萌えを吐いてみました。

なので、下記からはPS2の『薄桜鬼』『薄桜鬼 随想録』『薄桜鬼 黎明録』のネタバレを含むPLAY後の感想となります。

 

土方さんが随想録の後半で頬を染めるシーン等で見かけ、予想の斜め上をいかれる可愛さと想定外な萌えを感じました。

というか、箱舘編での千鶴嬢とのやりとりに、深い意味と『同士』である事を再確認し、土方×千鶴というCPへ燃えに萌えました!

また、御陵衛士での分離前の屯所LOVEも面白そうだな、と思える同人誌にも出合いました。

現在、屯所時代は読み専ですが、いつかは書いてみたい題材ですね!

 

ですが……黎明録をクリアすると、本編のED(終章)に至らないと、土方さんは『個』を選ばない気がします。

『薄桜鬼』となって全てが終わらない限り、千鶴嬢との間には何の進展もいないような気がするのです。

まあ、そんな本編を踏まえた上で、そういう捏造をするのも同人誌的にはアリだとは思うのですが。

また、黎明録のクリア後、土方さんのタイトルコールを聞くだけで腰が抜けかける位、萌えている自分には苦笑いが。

いえ、某大佐を演じられていた時には心が動く事などなかったのですが……土方さんの声では萌える自分に驚きです(苦笑)

 

また、沖田さんを再攻略した際、沖田さんのドSっぷりと千鶴嬢への強い想い、甘え合える関係というのが、ツボにハマりました。

初プレイでは、沖田さんのドSっプリしか記憶になかったのですが、再プレイすると印象が変わりました。

いえ、ある同人誌の対談で書かれていたように、千鶴嬢を一番理解し、互いに甘えつつも支え合える関係が良いな、とも思いました。

ただ、年齢制限がある二次創作では、ドSな沖田さんと振り回される千鶴嬢の関係が好きかもしれません。

というか、ドツボにハマった同人誌をゲットしてしまいました。

 

そして、斎藤さんは……随想録をコンプしてもなお、薄桜鬼一の可愛さに撃沈しました。

はい。ヒロインである千鶴嬢よりも可愛くて、可愛くて……事件想起二の島原編と恋情想起八が特に可愛かったです!

頬を染める斎藤さん以上に、戸惑い?で独り言?が暴走している斎藤さんが本当に可愛くて可愛くて。

可愛い斎藤さんを書き上げる自信はいまだにないのですが、チャレンジしたいと思ってはいます!

 

平助君ルートは……斎藤さんとは違う意味で可愛かったです。

いえ「微笑ましかった」が正しいかと。

様々な事に悩み、打ち明け、乗り越える平助君と千鶴嬢は、本当にほのぼのとした感じで。

平助君との恋愛モノは……書けそうにないですが、読むだけならば良いかもしれません。

 

原田さんは、唯一羅刹にならない方なのですが、それ故に、人である事への信念と強さに惚れました!

だから、ただ涙を流すというより、ただ瞳が潤み、強さと弱さを内包した諸刃の意志に強く魅かれました。

なので、原田さんの強さと弱さを描ききれない自分の浅さが悔しいです。

原田×千鶴の小説は、もっと実力と深さを身に付けた時に、挑戦してみたいですね。

 

風間さんは……『随想録』以降から初夜までの経緯が凄く気になります!(マテ!!)

『薄桜鬼』で求婚はしましたし、『随想録』では妻とするべく出迎え、『黎明録』で千鶴嬢は応えていますが……ただ『黎明録』の十六夜挿話を読むと、公式的には微妙な思いが。

ですが、SSLで千鶴嬢が前世で風間さんを選んだという記憶があると、新選組の面々は共同戦線で『繰り返し』を防ごうとするかと。

そうなったら……非常においしい設定だと思ってしまう私は悪趣味なのでしょうね(苦笑)

なので、そういう設定や、同人誌的には色々な意味で萌える挿話だったので、同人誌で期待したいCPといえるかと。

 

そして『随想録』のSSLですが……笑いのツボを刺激されまくりで、笑撃度が半端ではありませんでした!

沖田先輩のドSっプリと風紀委員な斎藤さんの好感度UPシーンや、

土方先生の鬼畜度や山南さんの裏表が素敵すぎたりで。

鬼の3人組の会話(ボケとツッコミ?)も大変楽しませて頂きました!

現代設定の学園モノという知識だけでは、いまいちでしたが、ここまで素晴らしい出来だとは思いませんでした。

ただ、あくまでも『薄桜鬼』が前提のオマケとしては楽しめる、なので単品だと……購入には躊躇いがありますが。

それでも……SSL設定のゲームが出たら……購入を迷う事は必至かと。

 

また、新選組の『はじまり』である『黎明録』は、想像以上の面白さと感動が有りました。

 

沖田さんと龍之介の力関係が、はじめから最後まで変わらず、それがとても面白かったです。

はい。あくまでも龍之介は沖田さんに振り回されっぱなしですが、それがある意味では痛快で。

『新選組の剣』となる決意をしてもなお、変わらなかった、いや、近藤さんを思っていた沖田さんには……幸せになって欲しいです。

まあ、終章で千鶴嬢と夫婦になっても『性格は変わらなかった』ので、余計なお世話かもしれませんが。

 

そして、斎藤さんのシナリオは……思わず涙と強い思いを感じました。

『薄桜鬼』でも斎藤さんのシナリオが良かったと思いますが、『黎明録』の終盤の展開と終章は……涙が止まりませんでした。

千鶴嬢と斎藤さんの会話も大好きですし、強い絆を感じた『黎明録』のラストシーンも良かったのです。

なので、斎藤さんと龍之介の『言葉』にするのは野暮ともいえる関係も、すごく良いと思いました!

 

平助君と龍之介の友情とその結末も、すごく感動的でした。

ただ……やはり、千鶴嬢との恋愛関係は「ほほえましいな」以上に感じる事がなく。

SSL設定での幼馴染という関係が、私的には萌える設定ですね。

SSL設定で千鶴嬢と攻略キャラが恋愛関係に至るまでの障壁や応援係としてなら、書く気が満々です(苦笑)

 

また、原田さんルートは『兄貴ルート』と呼べる、終わりからはじまりまで『漢』らしい燃えるシナリオでした!

『薄桜鬼』で原田さんSSを書く際は……いかに年齢制限をせずに書くか、と悩みましたが、『黎明録』をクリアすると違いますね!

やはり、千鶴嬢との恋愛モノは年齢制限が引っ掛かりますが、それ以外にも書けそうなネタがぽつぽつと浮かびました。

薄桜鬼のSSを書ける時期は当分先ですが、全年齢で再び挑戦したい方ですね!

 

長々とした感想にお付き合い頂き、有り難うございます!

それにしても、『薄桜鬼』はこれ以上にないくらいの完成度で完結した物語だと思うので、続編を望む気が無くなるのもわかる気が。

いえ、一ファンとして、続編や新作があるのも嬉しいのですが、『薄桜鬼』の見事なまでに完結した世界への拘りも有るのです。

『随想録』のような挿話は歓迎ですが、それにも限界はあると思いますし。

なので、私的には、更なる隙間を埋める公式の作品か、素敵な同人誌との出合いを楽しみにしたいと思います!