とこしえの華墨をゲットしました!(ネタバレ有り)

 

今月に発売された三国恋戦記の新刊を読みました。
いえ、三国恋戦記のコミックス版はゲーム本編をフルコンプした後、
玄徳編といえる全5巻から、全2巻の2種もゲットしています。
そして、ゲーム本編ではなかったオリジナルエピソードと、
ゲーム本編で萌えたエピソードもあったのでコミックス版も大好きです。
というか、玄徳編での益州に関する展開はコミックス版の方が好きです!
……話がずれました。
いえ、コミック版ではいつも期待しては良い意味で裏切られているので、
今回も楽しみにしていたのですが、今作は萌えを書きたくなりました!!

 

今回も全2巻なのかな、と思っていたのですが……
ゲームをはじめから描かれる展開にまず驚きました。
いえ、師匠編も途中から描かれるのかな、とも思っていたので。
その為、花ちゃんの「おもい」の描かれ方も今までとは違ったので、
ノーマルENDに似ているのかな、と思っていたのですが……
東門之楊に関するエピソードでは……すみません!と思いました。
いえ、とこしえの華墨が「はじめから」だと知ってから読んだ際、
玄徳さんとのエピソードが多くて嬉しいな、とか、
益州でのエピソードはどうなるんだろう、と思っていました。
ですが、コミックス版の東門之楊まで読んだら……
是非とも三国恋戦記が好きな方には読んで欲しい!
そして、孔明×花に萌える方は要チェック!!とも思ったのです!!!

 

それくらい、師匠の片恋と花ちゃんの恋の芽生えと擦れ違いに萌えました。
いえ、師匠の場合は片恋ではなく献身という言葉の方が近いかもしれません。
そして、ゲーム本編とは違う花ちゃんの「おもい」は切なくも萌えました。
なので「はじめから」描かれた基軸となる全5巻とは違う描かれ方には……
萌えと期待と今後へ展開への燃えも感じずにはいられない!と思っています!!

 

なので、とこしえの華墨の第2巻が今から恋しくも楽しみです♪